天然・自然成分のベータグルカン

βグルカン本舗へ

ベータグルカン(βDグルカン)は自然・天然由来の成分です。人工合成のベータグルカンはβLグルカンがありますが、市場には流通していません。市販されているベータグルカンは全て原料にかかわらず、自然天然由来のベータグルカンだと言えます。

化学合成された成分を避ける傾向は間違っていないでしょう。人工甘味料や合成着色料が癌の原因になるかもしれないとの指摘は数多くの科学者から度々に問題適されるものの多くの食品メーカー=大スポンサーが利用している成分をマスコミが批判することは無いでしょう。しかし、人工甘味料や合成着色料に発がん性が疑われていることは、常識と化しているために、賢明な消費者は人工甘味料や合成着色料を避けて食品を選ぶことは非常に有効な自己防衛策です。

しかし、「天然モノ以下は駄目」と断定してしまうのも時には弊害となります。「自然天然だから安全安心」とは限らないからです。むしろ自然・天然モノの方が危険な場合すらあることを認識せねばなりません。自然に栽培されたアガリクスが土壌中の重金属を吸収して害が出たことは、まだ記憶に新しい事件です。

確かに、人工的な合成成分には、安さを追求し過ぎて発がん性が疑われる成分が多いのですが、自然,天然由来に存在する生物、特に植物には数え切れない程の害毒が潜在している事実の方が遥かに巨大です。 自然に自生しているキノコの殆どは毒を含んでいるため食用になるキノコの方が希少な存在なのです。また植物に関しても、自然に存在している品種では食用には適さないどころが毒性の高い植物の方が多いとさえ言えます。食べられる食材とは、自然界に存在する膨大な動植物の中から数少ない無害な品種を発見したものです。その数少ない品種を大量生産しているのが「農業」なのです。

つまり「自然・天然由来の食品だから安全」というの誤りで、「自然・天然由来でも、人工合成でも、事前の安全確認は不可欠」というのが正しい認識なのです。

人工合成よりも むしろ自然・天然の方が危険な商品や事象も多くあるという前提で、人工合成が良いとか、自然天然モノの方がよいとか、一律に決めるのではなく、商品毎に安全性と商品内容と価格を比較することが肝要なのです。

ベータグルカン健康食品でも同様に、自然天然由来だから安全というのは暴論です。市販されているベータグルカン健康食品には内容の濃淡はあってもベータグルカン本体には自然天然由来成分しかないのですから、意味の無い説明とも言えます。

肝心なのは自然か合成かよりも、ベータグルカン(βグルカン)以外の有害成分が不純物として混入していないかであり、そのための安全な原料選択と信頼性の高い製造工程で造られているかということなのです。最も解りやすいのは、製品の販売歴の長さから十分な利用実績の蓄積が伺えるでしょう。機能性が低い、または無い商品や販売店は年月に淘汰されているはずです。

パン酵母抽出ベータグルカンは自然天然由来の食品として70年以上もの長い歴史を重ね、既に安全性が実証されています。そのパン酵母ベータグルカンの中でも最高純度品質であるベータグルカン85%以上が実現されている『オルタスβグルカン85』は、不純物が徹底的に排除されていることにより超効率ながら副作用の危険の無い安全な健康食品なのです。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座