推奨摂取量で選ぶベータグルカン

βグルカン本舗へ

ベータグルカンの最適な摂取量は、一義的に指定されるものではありません。個々人で異なる体調体質を踏まえて、増減させるべきものです。まずは1日1粒程度から初めて、その後に増量を試すことが推奨されるべきです。大量摂取を煽る販売店もあるようですが、高純度ベータグルカン500mmgカプセルであれば、1回2, 3粒を1日2, 3回程度までを上限の目安とすべきです。

もちろん個人差があるので体調と照らして、ベータグルカン(βグルカン)の増量を試して、多い方が調子が良いと自覚できるならば、上限を上げるられるべきでしょう。注意すべきは、ベータグルカンだけで満腹感を感じる程に大量摂取しないことです。いかに優れた健康食品でも食べ過ぎては、本来の食事量が減ってしまいます。あくまで通常食からの栄養を補うという観点を忘れないことが重要です。

残念なことにベータグルカン健康食品の多くの販売店が、可能な限りの大量摂取を薦める傾向にあります。しかも、低純度で高額な商品を売る販売店ほど、その傾向は強く、大袈裟な宣伝が増えているのは憂慮されるべき傾向です。この背景には、大量摂取を薦める販売店の商品は、総じてベータグルカン純度が低く、含まれるベータグルカン量が少ないために、大量摂取しなければ、ベータグルカンの必要絶対量に満たないからなのです。さらに悪質な場合には、店側の都合で売上向上のみを目的として脅迫的な押売も頻発していることを憶えておかねばなりません。

必要十分なベータグルカン摂取量を確保するためには、高純度のパン酵母ベータグルカンならば1粒もしくは2粒で十分なのです。キノコベータグルカンや黒酵母ベータグルカンならば、満腹になる程に大量に食べなければ、確保できない成分としてのベータグルカン(βグルカン)が、高純度のパン酵母ベータグルカンなら ほんの1, 2粒で手軽にかつ効率的に摂取できます。

パン酵母ベータグルカンの中でも世界最高品質の『オルタスβグルカン85』は、少量の摂取でも含まれているベータグルカンは大量な効率追求型の健康食品なのです。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座