吸収性で選ぶベータグルカン

ベータグルカン分子の吸収量は、摂取するベータグルカンの純度と量で決まります。高純度のベータグルカンを大量に摂ることで、体内へ吸収されるベータグルカンを最大化できます。

ベータグルカン(βグルカン)が体内へ吸収される経路は、ビタミンなどの他の栄養素のように水に溶けたり、油に溶けたりして吸収されるわけではありません。ベータグルカンは小腸のM細胞上でマクロファージに接触することで捕食され、体内へ吸収されます。ベータグルカン分子が剥き出しでマクロファージに吸収される様子は、米国の研究者が撮影に成功して証明されているのです。

このことから、一部の黒酵母ベータグルカン業者が広めている"水溶性ベータグルカン"という非科学的な宣伝が根拠の無いデマだと証明されます。ベータグルカンの物理的、化学的な性質を曲げてしまうような間違った広告宣伝には、惑わされないようにしたいものです。

ベータグルカンを経口摂取で体内へ吸収させるためには、なるべく多くのベータグルカン分子をマクロファージに接触させます。食べたベータグルカン全てが吸収されるわけではないので、一定量以上のベータグルカン(βグルカン)を摂取しなければ、吸収量がゼロにもなりかねないのです。

さらに、ベータグルカン分子にマクロファージを接触させるためには、ベータグルカン以外の不純物(タンパク質や脂質)を除去しておくことが重要です。ベータグルカン分子がタンパク質や脂質に覆われた状態で小腸へ辿り着いても、ベータグルカンはマクロファージに接触できないために、吸収されず腸内を素通りする結果になってしまいます。これでは折角のベータグルカン健康食品が、「モッタイナイ」扱いになります。

世界最高純度のベータグルカン健康食品

ベータグルカン健康食品の中でも特にキノコ系原料の製品には不純物が多く含まれているため、上記のような非効率な現象に陥り、低吸収率に終わるために結果も出難いのです。

ベータグルカンの最大効率な飲み方が、「水だけで食間」を薦められるのは、上記のような現象のためです。ベータグルカン分子がなるべくタンパク質や脂質などの不純物と混ざらないようにすることで、吸収率が高まるのです。この法則は、高純度品だけでなく、低純度品にも当てはまります。むしろ、低純度品こそ、最大効率を追求する必要があるのですが、「料理に混ぜても大丈夫」と誤った案内をする販売店が多いのは非常に残念な誤解なのです。元来にベータグルカンが少ないハナビラタケなどのキノコ原料や黒酵母ベータグルカンのような低純度品をさらに摂取方法を誤って食事と近い時間帯に摂ったりすると、まったくベータグルカンが機能せず無駄になる可能性さえ否定できません。

パン酵母ベータグルカンのような高純度ベータグルカンでさえも食事の直前直後の摂取は避けたいところです。高純度品を高純度のままに最大活用するため、可能な範囲で「食間に水だけ」を実践して下さい。

製品選択の際には、ベータグルカン純度が高く=不純物が少なく、ベータグルカンの絶対量が多い製品を選び、食間に水だけでの摂取を実践することで、ベータグルカンの吸収量は最大化されるでしょう。

不純物を徹底的に精製除去し尽くしたベータグルカン純度85%以上の超高純度ベータグルカンなら世界最高純度の『オルタスβグルカン85』がお薦めです。最高効率でベータグルカンを摂取する必要のある方へ、最高の製品品質をお届けします。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座