由来原料で選ぶベータグルカン

βグルカン本舗へ

内容成分としてのベータグルカンは同じでも、原料の素材によって最終製品に含まれるベータグルカンの量と質は大きく異なります。現在、最も安価に最も含有量が多いベータグルカン健康食品はパン酵母(イースト菌)を原料として抽出されるベータグルカンです。

ベータグルカン(βグルカン)は、実際に多様な原料から抽出できます。昔話に登場するキノコなら、アガリクス,メシマコブ,ヤマブシタケ,マイタケ(舞茸)から、最近のハナビラタケ。それぞれにベータグルカンが豊富だと宣伝するキノコ健康食品が数えきれないほど列挙されます。

その他、酵母原料を利用したベータグルカン健康食品には、パン酵母や黒酵母を原料した製品があります。今や世界中で普及が進みつつあるパン酵母ベータグルカンに対して、日本開発技術ながらもネットワークビジネスの黒い影が落ちる黒酵母ベータグルカン。純度と価格を比べるとパン酵母が圧倒的に優れているものの、間違って黒酵母を購入する被害が続出しています。

ベータグルカン健康食品やサプリメントを摂取する主目的は、製品中に含まれる成分としてのベータグルカンを吸収すること。実は、もっと詳細にはベータグルカンにはさらに詳細な分類種別があり、ベータグルカンの中のβ1,3Dグルカンという特殊なベータグルカン分子を吸収摂取することが最重要なのです。

β1,3Dグルカンという成分はベータグルカンの1種なのですが、キノコには殆ど含まれておらず、酵母ベータグルカンに多く含まれています。しかし、悪質な一部の黒酵母販売業者が水溶性ベータグルカンなどというデマを広めようとしていますが、β1,3Dグルカンは黒酵母に生成させても、パン酵母から抽出しても、ハナビラタケから抽出しても、同じβ1,3Dグルカンで性質は変わるはずもありません。あくまで摂取するβ1,3Dグルカンの量が重要なのです。

製品としての優劣は、このβ1,3Dグルカンの量=その周囲の不純物の量と販売価格で決まります。キノコ原料で製造されるベータグルカン健康食品には、ベータグルカンは多少含まれていても、最重要なはずのβ1,3Dグルカンは極微少量。わずか数パーセントと見られる極少量のβ1,3Dグルカン以外の大部分はタンパク質や脂質の不純物が占めています。この大量の不純物は、ベータグルカンの吸収を阻害する要因であり、純度の低い製品の吸収率をさらに低下させるのです。

他方、黒酵母ベータグルカンはβ1,3Dグルカンだとされているものの、製品中のわずか1, 2%程度しかβ1,3Dグルカンが含まれていません。製品の98%前後が水分であるため非常に希薄なベータグルカン純度となっており、摂取できるベータグルカンの総量は微々たる量です。これで低価格なら良いのですが、低純度ながらも非常に高価な点が問題なのです。

パン酵母から抽出されるベータグルカンは、最先端の精製技術によって純度が85%以上にも高められています。さらに、パン酵母から抽出されるベータグルカンは、最重要成分のβ1,3Dグルカンの割合が50~90%前後と非常に高いことも摂取効率の向上に寄与しています。

原料だけでなく最終製品のベータグルカンの質と量を評価するには、できるだけ大量のベータグルカン、β1,3Dグルカンが含まれ、不純物が少ないことが重要なのです。

今のところ最も効率良くベータグルカン、β1,3Dグルカンを抽出できる由来原料は、パン酵母(イースト菌)に間違い無いでしょう。キノコ原料や、黒酵母ベータグルカンと比べて、ベータグルカン純度が数倍から数十倍、価格はさらに安いのですから、世界中で爆発的に普及するのは自然な成り行きです。

世界標準となっているパン酵母ベータグルカンの中でも、最高純度で極め、価格を最低限に抑えた究極のパン酵母ベータグルカンが『オルタスβグルカン85』です。ベータグルカン純度85%以上、β1,3Dグルカンの構成率が95%以上という、世界最高の品質を製造直販だから日本最安値で購入できるのです。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座