成分で選ぶベータグルカン

βグルカン本舗へ

ベータグルカン健康食品を選ぶには、内容成分ベータグルカン(βグルカン)が多い商品を選ぶことが重要です。 商品の包装毎に何ミリグラム、商品全体で何ミリグラムのベータグルカンが含まれているのかを調べ、そのベータグルカンの総量と販売価格を合わせてと比較するのです。

具体的には、多くの製品に記載されている100gあたりに含まれているベータグルカンの量で比較するのが一般的でしょう。表示例としては、黒酵母ベータグルカンには0.5~1g程度と微少量、ハナビラタケなどのキノコ系のベータグルカン健康食品でも5~40gと少量です。これが、パン酵母ベータグルカンでは少なくとも60g、高純度品ならば85gもベータグルカンが含まれているのです。

このように不純物が殆ど無く大部分の成分がベータグルカンであるためにパン酵母ベータグルカンは、一般名として「ベータグルカン」と呼ばれてしまう程なのです。

ベータグルカン成分が多くても、販売価格が高額では価値が下がります。逆に成分が多少劣っていても、価格が安ければ比較的に良い商品だと言えます。

残念なことに黒酵母ベータグルカンは、ベータグルカンが1%前後と少ないのですが販売価格は1~2万円と高価。ハナビラタケなどのキノコ原料ベータグルカンも、一定量のベータグルカンを摂取するには2~3万円の購入費が必要となるでしょう。一方で、高純度・高品質が特徴のパン酵母ベータグルカンは、1本あたり3~6万円と価格が高過ぎたのです。

望ましいのは、ベータグルカンの量が多く、低価格であること。しかし、そのような都合の良い商品は存在しませんでした。

ところが、最高品質の85%以上のベータグルカン純度の製品が1万円以下で買えるようになりました。成分品質が100g中の85g以上がベータグルカンである最高純度のベータグルカンの『オルタスβグルカン85』です。これは、現在の市場で販売されているベータグルカン成分を含む健康食品の中でも最も多くベータグルカンを含む品質ながら、非常に安い価格設定が話題となっています。

製品ではなく「機能性成分のベータグルカンの量を買う」という観点で比較検討すると、『オルタスβグルカン85』の高品質と低価格な出色の存在となっていることに気付かされるでしょう。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座