歴史と実績のベータグルカン

商品の歴史が長いほど実績が多く信頼性も高い、つまりは安全性が確保されていると言えるでしょう。継続利用している人が多いということは、製品の価値が価格に見合っていることの証明とも言えます。

健康食品としての評価評判は、1, 2年間では定まり難いでしょう。副作用など問題点は、3~5年間で数多く人に利用された結果として適用例が網羅完備されます。 言い換えると、発売後5, 6年も継続販売されているような商品は一定数以上の顧客が利用し、継続の価値があると評価しているのです。これは、多くの使用者によって、副作用等の不具合リスクが払拭されていることも意味します。

数年毎にブーム切り替わるハナビラタケなどのキノコ健康食品は華やかな宣伝ほどには費用効果が上がらず、安全性が実証される前にはブームが終わってしまいます。次にブームが仕掛けられるキノコに対して、また同じような体験談の大キャンペーンが始まるのです。 しかし、機能性成分ベータグルカン(βグルカン)の量が過小にもかかわらず非常に高い販売価格は、結果として相乗的に非効率なベータグルカン摂取となってしまうのです。これが、雑誌等で繰り返し特集される最新・最先端キノコの残念なベータグルカン事情です。

世界最高純度のベータグルカン健康食品

他方、開発から70年を過ぎた実績多く、長い歴史のある健康食品・サプリメントにパン酵母抽出のベータグルカンがあります。今では、高純度ベータグルカンと持て囃されるパン酵母ベータグルカンも開発初期の1940年代には純度低いために不純物が多く、副作用の問題を抱えていました。その後の精製技術の進歩によって高純度化したことで副作用の懸念から開放された歴史があります。

現代では、60~85%まで高純度化が進展したことで最も安全なサプリメントとなったパン酵母ベータグルカンには長い歴史の恩恵が詰まっているのです。

ベータグルカン専門店の『ベータグルカン本舗』も創業10年を超え、製造直販されている『オルタスβグルカン85』には信頼と実績も濃縮されていると言えるでしょう。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座