信頼性で選ぶベータグルカン

βグルカン本舗へ

健康食品に限らず食べ物は、安全と価格を兼ね備えた信頼性の高い商品、販売店を選ぶべきです。

怪しい販売店ほどに声高に「安全、安心」を根拠無く連呼する傾向には閉口しますが、その商品や販売店が信頼に値するかを見定める判断を消費者が下す必要があります。

高額な商品の多いベータグルカン健康食品やサプリメントだからこそ、信頼の置ける商品や販売店の利用が不駆です。間違った商品選択をしてしまうと、役に立たない商品に高額を支払い続けたり、想定外の副作用に苦しむ可能性する危惧されます。

信頼に足る商品、販売店を見つけるには、最低限の調査が必要です。難解な説明用語も「調べ」続ける努力によって、概略が飲み込めれば、少なくとも「嘘」を見抜くことはできるようになるはずです。

ベータグルカン(βグルカン)は非常に多くの種類の商品が販売されているため、比較検討に混乱することが多いようです。しかし、大袈裟、紛らわしい、虚偽記載から、薬事法違反の違法広告には、必ず疑わしい点が存在するはずです。さらには、成分表示に不可思議な矛盾があったり、根拠の無い機能性の言及も多いでしょう。また、創作された偽体験談だけでなく、やらせの口コミ、レビューなどによる新手の広告宣伝が増えていることにも注意が必要です。いかに高額でもが、これらの悪質な販売店の商品は品質が低いものなのです。

上記のように、違法宣伝に該当する広告種類を知っていれば、違法宣伝で販売される商品を見分けることができて、騙されないでしょう。

違法宣伝である体験談を満載した広告のベータグルカン健康食品の代表格がハナビラタケを代表とするキノコ健康食品です。ハナビラタケ増強食、はなびらたけ強化食を銘打った商品レビューや口コミ投稿には、広告会社による やらせ投稿が溢れているとみるべきでしょう。

だから、客観的な数値比較ができる成分品質が重要なのです。成分品質にフォーカスした商品比較をすれば、ベータグルカンの質と量を比較することになり、確実に良い商品を選ぶことができます。

重要なのは、ベータグルカンの量が数値で明記されていること。さらには、その検量の実施期間も明らかになっていることも重要です。自己申告で大袈裟なベータグルカン含有量を広告する例も多いため、社外の第三者による検量の実施は公正さの証となります。これらをきちんを明確に公表できている商品や販売店ならば信頼に値する商品だと言えます。

ベータグルカン健康食品の重要比較事項は、ベータグルカン含有量だけでなく、唯一の機能性成分であるβ1,3Dグルカンの量も不可欠です。

しかし、日本で第3者によるベータ1,3Dグルカン検量検査を公表しているベータグルカン健康食品・サプリメントは、ただ1つ。

『オルタスβグルカン85』がその1つです。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座