安全性で選ぶベータグルカン

βグルカン本舗へ

成分としての純粋なベータグルカンには副作用はありません。

健康食品だけでなく食品の安全性とは、食べ初めからの年月と食べた人数に比例して、安全性が検証され高まります。

できるだけ長期間に、できるだけ多い人に利用された健康食品は、その歴史の分だけ利用実績が積み重なり、成果実績だけでなく、安全性、信頼性もが高まっているのです。逆には、利用開始から経過年数の少ない商品にはトラブルが出尽くしていないリスクが厳然と存在します。成分そのものに問題のある場合から製造方法や不純物に起因する問題も、それぞれのリスクが払拭されるには時間と利用実績が必要なのです。

また、時間は、低品質の商品や、品質に見合わない高額品も自然に淘汰してくれます。違法販売品が長く続くことも無いわけです。

健康食品・サプリメントの販売に際して、「副作用が有ります」と売る業者はいないでしょう。となると、消費者側で副作用の危険性をある程度は調査して選ぶ必要があります。

健康食品で副作用が出る最大の原因はキノコ原料の健康食品に頻発する重金属による副作用が挙げられるでしょう。キノコ原料を栽培する土壌が、汚染されていた場合には原料キノコも汚染され、擦り潰すだけの製品にもそのまま含有されてしまうのです。

副作用の被害に合わない確実な健康食品・サプリメントの選び方は、主となる成分以外の不純物の少ない商品を選ぶことです。主成分の性質は既知でも、不足の土壌汚染の副作用は予測すら難しいものです。ベータグルカン(βグルカン)の健康食品であれば、キノコ原料の製品は精製が省略されているが多いことが問題なのです。副作用の不安感の拭えないキノコ系ベータグルカンは存在価値を失いつつ有ると言えるでしょう。

パン酵母抽出のベータグルカン健康食品・サプリメントであれば不純物は精製工程で徹底的に除去されています。そのために、パン酵母ベータグルカンは絶対的な安全感で利用できるのです。

最高品質のパン酵母抽出ベータグルカンの『オルタスβグルカン85』は、副作用の心配の無い、超高純度ベータグルカンです。

次のページヘ »


価格で選ぶベータグルカン ~ ベータグルカン徹底比較講座